2017・08
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/10/05 (Tue) よにきみょ!

最近の人気ものに倣ってみる。
こうしてみると全然怖くないな


『厭な扉』
幸運を手に入れるため男が奮闘する話。
途中でオチが読めた。
じーさんの「同じ金額を持ってこい」のあたりで。
世にきみょだとループネタはよくある話(ex伊藤英明主演『さっきよりいい人』)なのでむしろミスリードを狙ってくるかと思ったけど
思ってた通りで若干残念
読めなかったのは完全にループし続けてることか。
ループの始まりだと思ったんだけどな。


『はじめの一歩』
論理的思考しかできない男が神様の力で変わる話。
取りあえず匂いがハッピーエンドかコミカルな終わりをする感じだったけど
ハッピーエンドで良かった
伊藤四郎が道化的な脇役やるとかなりいい作品ができる法則。
タイガー&ドラゴンの頃から大好きです。
大野君もぐっじょぶ(`・ω´・)b


『栞の恋』
本にメッセージ挟んで奇妙な文通をする話。
奇妙な話…?
毛色が違いすぎてなんか違和感。
世にきみょでやる必要性をそんなに感じなかった。
でも短編ものだから発表する場所がここくらいしかないか。
そんなに真面目に見てなかったから感動する感じではなかった。
でも神風特攻隊をそれなりに前向きに書いてくれたのは好感。
悲劇の被害者でなくそういった一面もあるんだよというのは青年たちの遺書からもはっきりしてるしね。


『殺意取扱説明書』
男がマニュアルに従って殺意を認識した後犯行に及ぼうとする話。
( ゚∀゚)o彡゚玉木さん!
    ∩
( ゚∀゚)彡 玉木さん!
( ⊂彡
|   |
し ⌒J
だけかな。
落ちも読めたし、いまいち不思議感が感じられない。
なんだろうな。
マニュアル通りに作られたハリボテ感があった←


『燔祭』
妹の復讐のためにパイロキネシス持ちの女と結託する話。
女の能力が自然発火するだけってのが地味だったかな。
あともすこし力使いたいっていう異常性を示すところがあってもよかったやも。
広末良子老けたなー。
あと主人公がオッサンすぎてどうにも笑いが出てきてしまふ(´・ω・`)





こんなもんですか。
心に残る一作はなかったな。
個人的に「家族会議」と「誘い水」と「イマキヨさん」
早く四天王をつくりたいぜ。

スポンサーサイト

ドラマ | trackback(0) | comment(2) |


| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。