2017・10
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/09/23 (Thu) 肝試し 第二夜

次、お化けトンネル。

山の方にあるためかなり遠い。
車に揺られること10分。

到着。
5人で行っても怖くないため2人は横にある立ち入り禁止の旧道(こっちの方が怖いらしい)に行くことに。

俺、見事にトンネル組に。
強運なのかもったいないことしたのか。

トンネルを歩くこと1分。

「何もないですね」

「ただのトンネルだしな」


だったら何故来たんですか。
このまま歩いてもつまらないので生意気な後輩一つ提言。

「向こうの方つけません?」





(`・ω´・)b

先輩はノリがいい。
抜き足差し足忍び足で旧道へ。

すると帰ってくる旧道班の方々。
意外と短かったようだ。

何故か隠れるトンネル班。
そして物陰から驚かしてみる。

すると




先輩「◆〒★○§Δ@¶ΠΖ~~!!」















日本語喋ってください。

言語化できない叫びが夜中の山中にこだました。

こうして探索終了。
一行は帰途につくのであった。




こぼれ話

帰りの車で先輩の弟が結婚するかもしれないという話が出る。
姪とかできたらなんでも俺買ってあげちゃうーみたいなことを語られたのだがその時の発言↓




「もう俺は想像するだけでキュン死にできるね。てか、もうした(`・ω´・)」
















せめて生まれてから死んでください。

スポンサーサイト

日記 | trackback(0) | comment(0) |


<<暑かったのに | TOP | 肝試し>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://hazimarinohazimari.blog82.fc2.com/tb.php/207-bfceafd0

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。