2017・08
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/05/05 (Wed) 究極の二択

よく

『カレー味のアレとアレ味のカレー食べるならどっち?』

という二択があるじゃないですか。
自分は未だに結論が出せないのですが
ちょっと前にたけしの教育白書で出てた二択をご紹介。



線路で5人の作業員が黙々と働いています。
そこに電車が向こうから迫って来ます。
でも5人は電車に背中を向けているので、電車が見えません。
大きな声をだしても彼らには聞こえません。
なぜか電車の走ってくる音は、作業員には聞こえません。
電車は急には止まれないのでブレーキを今からかけても間に合いません。
今何もしなければ5人は死んでしまいます。

しかし、目の前にレバーが一本あります。
それは線路のポイントのレバーです。
このレバーをひけば電車は5人が働いている線路から分岐して、別の線路に行きます。
それで5人を救うことができます。

ただ、その別の線路には5人とは別に、1人の作業員が働いています。
レバーを引けば、その線路に進入する電車によって、その人は亡くなってしまいます。

あなたは何もせずに5人を見殺しにしますか。
それとも、レバーを引いて1人が犠牲になっても5人を救いますか。

レバーを引きますか、引きませんか。



この二択9割がイエスと答えるそうな。

で、俺なりの答え。
自分としてはノーです。
別にシニカル気取るわけでもマイノリティになりたいとか
そんなわけではないのですが。

これ自分がいない状況を想定してみてください。
確実に5人死んで終了。
それで終わりです。

自分というイレギュラーが存在したことで
死ぬ予定ではなかった1人が死ぬ。
なんか矛盾を感じざるを得ないと思いませんか?


そんなわけで答えはノーです。
まあでも目の前でこんなこと起きたら
普通に5人を助けてしまうんでしょうね( 一一)

ちなみにこれ続きがあって


こんどもまた同じ5人が線路で働いています。
何もしなければ5人は死んでしまいます。
あなたは5人が働いているところよりも電車に近い橋の上にいます。
ふと横を見ると、とても大きな人が一人となりにいます。

その人を、橋から突き落とせば、線路に落ちます。
その人はとても大きいので、確実に電車を止めることができます。
つまり5人を救うことができます。

あなたは、その人を突き落として、1人が犠牲になっても、5人を救いますか。

突き落としますか、突き落としませんか。




となっています。
これに対して9割の人がノーと答えたそうです。

なんでも自分で直接的に殺すのに罪悪感がある、

との分析だそうですが
それって先述のは間接だからいいんかいみたいなツッコミが出てきますね

人間って当たり前だけど自分本位だなあ
因みに自分はさっきと同じ理由で同じ意見にします。


さて、あなたはどっち?







追記~
これと同じような話が俺の愛読書『蟲師』にもあります。
「重い実」という話でして
レバーは豊作を齎す代わりに1人を殺す実、5人は村人全員になっているんですが
なかなか重い感じに仕上がっております。

5人はいいけど村人全員は?
もしくは東京都の住民の命だったら?
はたまた世界の人だったら?

人の命って引き算じゃないからこんなディレンマが生まれるんですね。

世界もなかなかおもしろく出来てるじゃないかヽ(・∀・)ノ

スポンサーサイト

時事ネタ | trackback(0) | comment(1) |


<<一季節跳躍 | TOP | 黄金週間>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

最初の質問は管理人に賛成かな。

理由は死にたくないから

ってか、だれだっていざとなったら、自分だけは助かろうとするんじゃないかな。


二つ目は突き落とす方かな

目の前で死なれるとか最悪だし(>_<)


こういう質問して綺麗事を言う人は実際はそれとは逆の事をすると思うよ。


最後は他人より、自分だから。


でも大切な人がピンチになったら、自分の事より、その人の事を助けるかな。


知らないやつなんて助けない

2010/05/05 23:21 | ペンギン [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://hazimarinohazimari.blog82.fc2.com/tb.php/68-98e3d3d0

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。